冬物ご紹介② 湯たんぽと湯たんぽカバー
木曜日には初雪が降った東京谷中です。
本日も晴天ですが、なかなか空気が冷たいです。


本日はこちらをご紹介。

a0155726_1216123.jpg

a0155726_1216328.jpg



トタンの湯たんぽと、メルトンという素材でできたオリジナルの湯たんぽカバー。


今はプラスチックの物や陶器の物、
電子レンジで温めるだけの物など、湯たんぽもたくさん種類が増えました。

谷中 松野屋で扱っているのは、昔ながらのトタンでできた湯たんぽ。

そして湯たんぽカバーは、熱々の湯たんぽを火傷しないように、そしてせっかくのあったか湯たんぽを
冷めないように、暖かさを持続させられるように作られました。

メルトンという生地は、
「毛織物を織り上げ、生地を仕上げる時に、織物の組織を密にし、
さらに表面を羽毛で完全に覆い、織組織が分からないようにフェルトのように仕上げたもの」
のこと。
ちょっと難しいですね。

コートなどにも使われている生地で、密になっている分、
水を弾く撥水性と反発力があり、丈夫で保温性に富んでいるそうです。

a0155726_1216583.jpg

裏地はフリースになっています。


松野屋オリジナルの湯たんぽカバーは、カーキとワインの2色です。
ぜひ一緒にお手に取ってみてください。


●20-1175 トタン湯たんぽ ¥2,400+税
サイズ:約30×22×H8㎝ 日本製

●20-1201 メルトン湯たんぽカバー(カーキ・ワイン) ¥4,000+税 
サイズ:約30×20×H38㎝ 日本製
by yanakamatsunoya | 2016-11-26 16:57 | 品物のこと
<< 入荷商品ご案内 中村なづきさん... 冬物ご紹介 >>



暮らしの道具 谷中 松野屋のブログ  お電話でのご注文も承ります
by yanakamatsunoya